フォト

まいーお片づけ ホームページ

私のペットのブログ

  • 5匹の仔猫と母猫がやってきた 2

私のクッキングのブログ

  • まいーお片づけ クッキング日記

東北を応援します

  • 東北応援!「チーム整理収納アドバイザー」

« 変な雲が~そして冬の足音が | トップページ | アイロンセットに新しい仲間 »

2014年10月31日 (金)

車を手放す「愛車 14年経ってもこんなにきれい」←書いて気持ちの整理

こんにちは。

札幌の整理収納アドバイザーの寺嶋恭子です。

 

今日は、私が車を手放す時の話です。

私の愛車(軽自動車)は、購入して14年経ちました。

でも、今月でこの車とお別れです。

20141027_092307
大切に乗ってきたので

「きれいでしょうsign03」(自慢? 笑)

一見すると14年も経っているようには見えないでしょう。(笑)

「もの」には、思い出や何らかの感情が伴うことが多いですね。

ですから、手放す時になかなか手放せない・・・

そういう方も多いと思います。

もちろん!私もその中の一人ですsign03

 

私は、もともと

「もったいないから 捨てられない!」タイプの整理収納下手でした。

そして、この片づけ下手を克服したくて、整理収納アドバイザーになりました。

多くの方は、ものを買い替える時は、「必要だから・・・買い替えする」など

すんなりと考えられると思います。

ところが、「超もったいない」派の私は(自分でも手間のかかる考え・・と思いますが)、

「無駄づかいではない?」

「まだ使えるのに・・・これは浪費ではないか?」

等と考えてしまいます。

これって、戦争を体験している高齢者の方の考えに近いですよね。

私は今回このように考えて車を手放すことにしました。

ご紹介します。

 

1 購入に至る客観的な理由の確認

14年も使った車なのに 、なんと私には「まだつかえるのでは・・・?」

という 「もったいない」と思う感情が残っているのです。

でも、この車を購入する時は、「10年乗ればもう充分!」 と、

思っていた。

私は、・・・ちゃんと長い間使った・・ので、無駄遣いはしていない。

「そう! 無駄遣いはしていない!」と 自分に言い聞かせる。

※ 自分に言い聞かせて心が動かない時は、何かに書いておきます。

  何故かしら、書くと「自分が何にこだわっていたか」に気が付くので

  方針が決まることが多いです。

 

2 思い出の整理

私は、この車にはとっても沢山の思い出があります。

実はこの車、車名は「ラピュタ」と言って、我が家の子供たちが好きな

宮崎アニメ「天空の城 ラピュタ」と同じ名前だったことから目に留まり、

購入しました。

思いでの沢山詰まった車です。

 

そこで 最後に私の日記に 

「ラピュタ ありがとう!」と 書き一区切りにしました。

 

 

3 写真に撮る

 思い出のものを写真に残しておくとちょっと安心出来ます。

数年は、画像データとして保管していると思います。

 

この様にして、自分の心を整理して、手放すことにしました。

こんな面倒なことを考えているのは私だけsign02

でも もし、ものをなかなか手放せないで悩んでいる方がいたら・・・

あなたのお気持ちに寄り添いますよnote

必ず、自分なりの整理の仕方が見つかります。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

« 変な雲が~そして冬の足音が | トップページ | アイロンセットに新しい仲間 »

 ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597298/60570238

この記事へのトラックバック一覧です: 車を手放す「愛車 14年経ってもこんなにきれい」←書いて気持ちの整理:

« 変な雲が~そして冬の足音が | トップページ | アイロンセットに新しい仲間 »