フォト

まいーお片づけ ホームページ

私のペットのブログ

  • 5匹の仔猫と母猫がやってきた 2

私のクッキングのブログ

  • まいーお片づけ クッキング日記

東北を応援します

  • 東北応援!「チーム整理収納アドバイザー」

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月18日 (月)

茹で鍋とざる・ボールはワンセットで流しの下に収納

こんにちは!

整理収納アドバイザーの寺嶋恭子です。

皆さんは、スパゲッティやほうれん草をゆでる鍋をどのように収納していますか?

私は、大きなものをゆでる鍋は、同時に使うざるやボールと一緒にして、流し台の下に収納しています。

20140817_120518

昔は、「スパゲッティをゆでるのは 格好いい寸胴鍋が一番!」

と 思っていて 寸胴鍋をわざわざ購入して使っていました。

でも、私は スパゲッティやそば等の麺類をはじめ、ほうれん草や今の時期とても美味しいとうきび(トウモロコシの事を北海道ではこう言います)など いろいろなものをゆでます。

私には、これらのモノをゆでる時、寸胴鍋より見栄えは悪いが口の大きな26センチ鍋(安価な鍋です)の方が使いやすいように感じます。

26センチ鍋の方がお湯の沸きが早いような気もします。

また、麺をゆでるとき 寸胴鍋の方が麺がくっつきやすいように感じます。

多分私はプロのようにたっぷりのお湯を使わないのでしょう。

(私は、お湯を沸かすのに時間がかかりすぎるのが嫌いなのです)

寸胴鍋の場合、よく麺がくっついてしまうので麺を入れた後しばらく混ぜていました。

20140817_120559


そこで、手抜きの好きな私は、わざわざ購入した寸胴鍋を処分して(まだ誰かに使ってもらいたくてリサイクルプラザに持って行きました)、安価で購入した26センチの鍋を残しました。

鍋を火にかける動線をイメージしてみて下さい。

私は、モノをゆでる時、流し台の下から、茹で鍋セットを出し、水を入れて火にかけます。

鍋の中には、すでにゆで汁をあける時に使うざると水洗いするボールが入っていますので、更にこれらのモノを出す作業がなく 鍋を出す時一回で済みます。

一つの作業をする時に一緒に使うものを一つのグループにしておくと、とても使いやすく、時間短縮になりますヨ。

そして、それは片付ける時も一回で済むので更に楽です!

茹でもの用の鍋とざる・ボールをセットにして使ってみませんか?

2014年8月16日 (土)

牛乳パックで「ポケットティッシュケース(黄色・カバー型)」を作ろう!(No.2)

夏休み・冬休みの自由研究にぴったりの工作です!

牛乳パックで「ポケットティッシュケース」を作ろう!

の 第2回目 です。

今回は、可愛らしい包み紙やお花を包んである紙(?)などで作る

カバータイプの作り方です。

お気に入りの布で作るのも可愛いと思います。

もし、厚みのある布などで作る時は、カバー部分の出来上がり寸法を

厚みに合わせて数ミリ程度調整してみて下さい。

20140808_165839

横にリボンをつけました。

お好みのモノでアクセントにして下さい。

頂きものについていたリボンもいいですね。

捨てずに奥にしまいこんでいませんか?

持っていた方は 使ってしまいましょう!

また、最近は100均で 可愛い手芸用のリボン(このような小さなリボン)や

可愛いシールなど いろいろ買うことが出来ます。

楽しんで作って下さい。

作り方は、こちら です↓

「pdf_tissueboxy.PDF」をダウンロード

 

PDF形式のファイルになっていますが、見えずらい点はご容赦下さい。

※ 感想を頂けると嬉しいですhappy01

2014年8月15日 (金)

牛乳パックで 「ポケットティッシュケース(白・基本型)」を作ろう! (No.1)

暑い夏+局地的豪雨 でしたが、みなさんのお家は大丈夫でしたか?

北海道では、夏休みも もう少しで終わりです。

夏休み あるいは 冬休みの工作として 

「牛乳パックで ポケットティッシュのケース」 を作ってみませんか?

こちらは、ポケットティッシュケース(白・基本型)です。

Keisusiro

家の中で 知らず知らずのうちに溜まってしまうものに ポケットティッシュ

があります。

いつか使うから・・・と言っているうちに 結構溜まってしまいます。

以前に、私は ポケットティッシュの整理の方法を

「整理収納のストレッチ1 ポケットティッシュ」として このブログに

書きました。

   こちらです(よかったら、こちらも読んで下さい)

今回、牛乳パックで作ったこのケースに入れてポケットティッシュ

を使うというのは いかがでしょうか!

牛乳パックは、耐水性があります。

また、牛乳パックの内側の白を使っていますので、見た目もとっても

清潔感があり スッキリと収納出来ます。

また、ポケットティッシュは、普通サイズのティッシュより小さく 場所も取ら

ないのでケースに入れて使うと とても便利ですよ。

このケースは、ポケットティッシュが 4つ入ります。

作り方は、こちらです ↓

「pdf_tissueboxw.PDF」をダウンロード

※PDF形式のファイルで、まだ一部手書きの部分があり 見ずらい点があると

思いますが、その点は お許し下さい。

 ~ ご感想などいただけると嬉しいです ~

2014年8月11日 (月)

小樽築港に 大型豪華客船 サンプリンセス号

平成26年8月10日(日)

小樽築港に 大型豪華客船 「サンプリンセス号」 が 停泊していました。

この小樽築港にはよく豪華客船が来るのですが、

今回の「サンプリンセス号」 は、8月から9月の間 この小樽築港を発着し 1週間かけて北海道とサハリンを周遊するそうです。

残念ながら、私が乗船・・・ではなく coldsweats01

外から、その大きさを実感してきました。

Fune01

2014年8月 6日 (水)

札幌市民カレッジ「ご近所先生企画講座」の講師に決定しました

整理収納アドバイザーの寺嶋恭子です。

平成27年1月から開催の

札幌市民カレッジ「ご近所先生」の講師に決定しました。

 「お洋服のスッキリ収納」と題して開催します。

1 開催日時 平成27年

         1/20(火)          オリエンテーション

         1/27(火)~2/24(火) 毎週火曜日 18:45~20:45

2 開催場所 札幌市豊平区民センター

         (札幌市豊平区平岸6条10丁目)

詳しくは、平成26年11月の「広報さっぽろ」にて 開催・受講者募集のお知らせが

ある予定です。

興味のある方は、是非楽しみにしていて下さい。

20140803_201321_2wakutuki

2014年8月 5日 (火)

プロの料理研究家から学ぶ 調理小物の収納

こんにちは!

今日は、プロの料理研究家の調理小物の整理収納にちょっと目が行きましたのでそのお話をします。

実は、先日 冷蔵庫とフードロスをテーマにしたセミナーを受講しました。

「 台所から「もったいない」を減らそう!フードロス・チャレンジ

    ~冷蔵庫の整理術とゴミゼロの調理法~        」

 と題したセミナーです。

 

このセミナーの後半に

 料理研究家の青ちゃんこと青山則靖氏によるクッキングショー

が ありました。

20140724_14332501

 

鰹節や昆布からとるだしの基本の実演から始まり フードロスを出さない皮ごと使うお料理の実演とお話でした。

 

だしの基本 一番だし から 昆布を入れただし、そのだしを使った麺類をその都度味見させていただきました。

この様な味や香りの変化を自分の舌などで感じるのは今まであまりなかったので  とても興味深いものでした。

さて、ここからが本題です。

今回の会場は、札幌市内のエルプラザの調理実習室で行われました。

プロの青山氏にとってはいつもの使い慣れた調理台ではありません。

青山氏によると、このようなクッキングショー等の時は、使う調理器具(鍋・包丁をはじめ)をご自分のモノを持ってくるそうです。

下の画像は、キッチン台に立った青山氏の真上の鏡をアップで写したものです。(左右逆になってます)

20140724_143325peinntouekara
さすがにプロの方、使うものを直ぐ取り作業しやすいところに置いてあります。

また、もっと面白かったのが、調理小物です。

台の上に全部置いてしまうと モノが多くなり邪魔になります。

青山氏は調理小物を ウエストポーチ(?)にひとまとめにしていました。

20140724_16175701

ウエスト部分をアップにすると このようになります。

20140724_161757komonoappu

モノの収納は、「使うものを使いやすい場所に収納する!」

 

クッキングショーのようにたったまま実演とお話を同時にしなければいけない場合、その時に使う調理小物を一番簡単に取り出せる場所として このウエストポーチにたどり着いたようです。

この例は、プロの極端な例ですが、私たちのキッチンにも同じことが言えます。

キッチンのレンジ周りで使うものはそこに立ったままで取り出せる場所に、またシンクで使うものはやはりシンクに立ったままで取り出せる場所に置くのが 

一番使いやすく

一番片づけやすい

効率的な収納だと思います。

 

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »